楽しかった研修先の2段ベッド

中学生の時に、海や山へ泊りがけで研修に行く機会がありました。

家族旅行など1度もしていなかった我が家では、子供が泊りがけでどこかへ行くという事はめったにない事で私はとても楽しみにしていました。

山への研修に行った時、グループで別れて寝ることになりました。

4人部屋となっていた部屋には2段ベッドが2つ置かれており、私は上のベッドで寝ることになりました。

2泊3日の研修の1日目。

私達はふざけて枕投げをして遊びました。

当然2段ベッドの上と下、横と横で投げ合うことになるのでとても大きなうるさい音が響きました。

しばらくして、廊下の方から「ドドド」という足音が聞こえてきました。

担任の先生が、私達の枕投げの音を注意しに来たのです。

大慌てで枕を片付け、電気を消して寝たふりをしました。

下で寝たふりをしている友達にささやき声で「近付いてきたよ」なんて話しながら、

先生が来た頃には皆完ぺきに「寝入って」いました。

2段ベッドで枕投げをしたのはあの時が最初で最後ですが、思い切りぶつけて楽しんだ夜の短い時間はとても楽しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です